1. ホーム
  2. 月刊 丸森英史 ~team MARUMORI発 医院で取り組むブラッシング指導~

月刊 丸森英史 ~team MARUMORI発 医院で取り組むブラッシング指導~

ブラッシングは歯科臨床の基本

  • この商品のコメントを見る

定価:3,240(本体 3,000円+税)

A4判/48頁 オールカラー
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2010年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

詳細情報

月刊 ひと月で読めて学習できる臨床手技のエッセンスBook
丸森英史 医院で取り組むブラッシング指導
A4判/48頁 オールカラー
定価3,240円(本体3,000円+税)
弊社創業30周年の記念行事として企画されたシリーズ『月刊 GEKKAN』。臨床現場の最前線でご活躍の先生方に、得意とされる臨床手技やノウハウを伝えていただく。48頁のハンディな作りにぎっしり中身のつまった本書からは、「技」だけでなく、著者のカラーも感じ取れる。ひと月で読めて学習できる臨床手技のエッセンスBOOKができた!
う蝕や歯周病の原因が感染症であると明らかになったいまでも、ブラッシングは歯科臨床の基本である。本書では、なぜブラッシングが大切か、またなぜブラッシング指導が難しいかをわかりやすく解説した。歯科医師をはじめスタッフ全員で取り組むブラッシング指導は、医院の力となるだろう。
はじめに PDF716KB
CONTENTS
■ブラッシング指導“関わる”ということ
セルフケアにつながる関わり
患者さんの言葉を聞く
■プラークコントロールの意味を知る
ブラッシングのレッスンにつながる関わり
提案しているつもりで応えを強要している
いつどこから指導するのか
ねらって落とすプラーク
ブラッシングの威力
biofilm ecosystem
歯肉縁上のプラークコントロールが成功の鍵
■ブラッシング体験から指導へ
プラーク除去法
組織の治癒力を邪魔しないブラッシング
ねらって落とすプラーク
ブラッシングとは、ねらって落とすこと
届けども取れず
自分の磨き方から
関わりの工夫
どのように切り上げるか
落とせたときのおもしろさ、落とすことの罠
赤染めはいつするのか、しないのか
雰囲気を作る関わり
■コミュニケーションを磨く
伝える技
自問自答を促す診療室でのコミュニケーション
歯科医院としてどう関わるか
現場で学び現場で変わる
伝わる言葉を磨く
信頼に基づく言葉を介した医療を
目次 PDF364KB

読者様からのコメント

福岡県 S.B先生
福岡県 S.B先生
歯科衛生士のTBIの再考することにした。

3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング