1. ホーム
  2. 明日は我が身とならないための 実例 歯科医院法務まなび塾

明日は我が身とならないための 実例 歯科医院法務まなび塾

訴えられたらどうなる?訴えられないためにどうする!?

  • この商品のコメントを見る

定価:4,320(本体 4,000円+税)

B5判・136頁
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2016年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

明日は我が身とならないための 実例 歯科医院法務まなび塾
[著]
永松榮司・横山敏秀・丸山高人(永松 ・ 横山法律事務所/弁護士)
B5判・136頁
定価4,320円(本体4,000円+税)
訴えられたらどうなる?
訴えられないためにどうする!?

医療過誤訴訟が増加傾向にある昨今、開業歯科医も他人事ではいられません。
「医療過誤により患者から訴えられた」「解雇を巡ってスタッフから訴えられた」など、“医療者”として、“経営者”として、訴訟のリスクは常にあります。また、“私人”としての訴訟が「歯科医師免許の取消・歯科医業停止の行政処分」に繋がることも……。
本書では、実際に起こった裁判事例を紐解きながら、どのようなケースで歯科医師が訴えられているのか、どうしたら訴訟リスクを減らすことができるのかを、丁寧に解説しています。
とくに、各事例の「本事案から歯科医師に学んでほしいこと」では、著者が伝えたいエッセンスが凝縮しています。
「備えあれば憂いなし」、ぜひご一読を!
刊行にあたって PD520KB
CONTENTS
第1章 歯科医師としての法務事例
(1)診療録の不記載・訂正と歯科医師の説明義務違反
(2)8年余に及ぶ治療のなかでのX線検査の失念と医療過誤
(3)有病高齢者のインプラント処置後の感染防止義務
(4)インプラント治療の段階に応じた検査・実施・予後管理等の注意義務
(5)医療情報に翻弄される患者と誘発される医療過誤訴訟 ……他
第2章 経営者としての法務事例
(1)スタッフに対するパワハラと不当解雇
(2)勤務医からの解雇無効の訴え~雇用リスクの顕在化~
(3)診療報酬の不正請求から考える歯科医師に潜在するリスク
(4)電子カルテへの不正入力と保険医のリスク管理
(5)歯科医院に潜む個人情報漏洩のリスク ……他
第3章 私人としての法務事例
(1)父の突然死が歯科医院の経営を襲う
(2)不倫・別居・仮面夫婦の10年余の法廷闘争の結末
(3)歯科医師における連帯保証の効能と副作用
(4)交通事故が歯科医師を直撃
(5)強制わいせつ行為による刑罰・行政処分と不服申立の帰趨
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。

明日は我が身とならないための 実例 歯科医院法務まなび塾 目次(PDF 552KB)

明日は我が身とならないための 実例 歯科医院法務まなび塾 ちらしデータ(PDF 2.43MB)



3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング