1. ホーム
  2. コレクテッドエビデンスシリーズセット 【3冊セット・ケース入り】

コレクテッドエビデンスシリーズセット 【3冊セット・ケース入り】

エビデンスに基づいた歯周治療 シリーズ3冊セット

  • この商品のコメントを見る

定価:28,080(本体 26,000円+税)

【各巻】A4判・ケース入り
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2013年07月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

詳細情報

コレクテッドエビデンスシリーズセット 【3冊セット・ケース入り】
[著者]
弘岡秀明/菅野太郎
【各巻】A4判・ケース入り
■セット定価:合計3冊 28,080円(本体26,000円+税)
エビデンスに基づいた歯周治療 シリーズ3冊セット
vol.1、vol.2では、歯周治療の核となるエビデンスを掲載。vol.3ではそれらのエビデンスに基づいた症例を紹介しています。
この3冊を相互に参照することで、著者らがエビデンスを基にどのように治療計画を立て、解決したのかがわかります。
シリーズの完成を記念したケース付きです。
コレクテッド エビデンス vol.1
[著者]
弘岡秀明 (東京都・スウェーデンデンタルセンター(開業)
東北大学大学院 歯学研究科口腔修復学講座 咬合機能再建学分野 臨床教授)
EBM(Evidence based Medicine)に基づいた歯周治療を行うに当たって、必要な論文が網羅されている。論文の概要とその結果を紹介し、著者の臨床への見解を述べている。その1として、細菌、非外科処置、外科処置、抗菌薬、根分岐部病変、咬合性外傷、歯周組織再生の論文125項目を紹介している。
・・・CONTENTS・・・
1. Examination[ EVIDENCE 1 : BoPの組織学的意義 ……他 ]
2. Oral Microbiology[ EVIDENCE 1 : 歯周病に関連性が認められる細菌 ……他 ]
3. Non-surgical Periodontal Therapy[ EVIDENCE 1 : 歯肉炎と口腔衛生 ……他 ]
4. Antimicrobial Periodontal Therapy[ EVIDENCE 6 : メトロニダゾールの歯周治療への応用 2 ……他 ]
5. Periodontal Surgery[ EVIDENCE 4 : 非外科処置 vs 外科処置 2 ……他 ]
6. Management of Furcation Involved Teeth[ EVIDENCE 13 : トンネル形成を行った歯の予後 ……他 ]
7. Trauma from Occlusion[ EVIDENCE 1 : 動揺歯におけるプロービングデプスの臨床的意義 ……他]
8. Guided Tissue Regeneration[ EVIDENCE 1 : 動物実験における歯周病モデル ……他 ]
コレクテッド エビデンス vol.2
[著者]
弘岡秀明 (東京都・スウェーデンデンタルセンター(開業)
東北大学大学院 歯学研究科口腔修復学講座 咬合機能再建学分野 臨床教授)
EBMに基づいた歯周治療の第2弾。エムドゲインとGTR、歯肉歯槽粘膜形成手術、歯周と補綴の関係、歯周と矯正の関係、歯周とインプラントの関係、Supportive Periodontal Therapy、の論文117項目が紹介されている。特に歯周とインプラントについては、44項目の論文が取り上げられている。
・・・CONTENTS・・・
1. Enamel Matrix Derivative[ GTRによる再生は「真の歯周組織再生」True Periodontal Regenerationか?……他 ]
2. Mucogingival surgery[ 歯周組織の健康維持に角化歯肉は必要か?……他 ]
3. Perio-Prosthetic Relationships[ 重度歯周病患者に対してブリッジによる補綴は可能か?……他 ]
4. Perio-Ortho Relationships[ 上顎埋伏犬歯の自家移植……他 ]
5. Perio-Implant Relationships[ インプラント治療の発展……他 ]
6. Supportive Periodontal Therapy[ 非外科処置後のサポーティブ・ペリオドンタル・セラピーの必要性……他 ]
コレクテッド エビデンス vol.3
[著者]
弘岡秀明 (東京都・スウェーデンデンタルセンター(開業)
東北大学大学院 歯学研究科口腔修復学講座 咬合機能再建学分野 臨床教授)
菅野太郎 (東北大学大学院 歯学研究科口腔修復学講座 咬合機能再建学分野 助教)
本書では5つの症例を取り上げ、エビデンスに基づいてどのように治療計画を立てて治療実践したか、長期予後はどうであったかを紹介。
さらに、ケースごとの治療途中で遭遇する問題点を“Clinical Discussion Point”として取り上げ、vol.1、vol.2で掲載したエビデンスを基に論じて解決し、治療方法の選択過程を、歯周治療、インプラント治療、歯周補綴に焦点をあてて解説。
今回のvol.3ではインプラント周囲病変に関するエビデンスを追補として掲載。
・・・CONTENTS・・・
1. 非外科処置(Non-surgical therapy)[ 非外科処置(SRP)の正当性とその効果は?……他 ]
2. 抗菌療法と矯正治療(Antibiotic therapy&Orthodontic therapy)[ ケミカルプラークコントロール:抗菌薬は効くのか?……他 ]
3. 歯周組織再生療法と歯周補綴(Regenerative therapy & Perio-prosthesis) [ 歯周治療後の天然歯の予後……他 ]
4. 根分岐部病変と固定(Furcation involvement&Splint)[ 非外科処置の限界について……他 ]
5. 歯周インプラント補綴(Perio-implant-Prosthesis) [ 歯周病患者へのインプラント治療……他 ]
6. Appendix インプラント周囲病変(Peri-implant disease)[ インプラント周囲病変の定義とは?……他 ]
6. 追補 Evidence[ 15.Peri-implant disease-2……他 ]


3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング